2019.12.09 吉祥寺

お二人の思いがこもった結婚指輪

男性は「動きのあるもの」

女性は「アンティークで細身のもの」

それぞれが具体的なイメージをもってアトリエにお越しいただきました。

 

それぞれのお好きなものを合わせたリングを、

一つひとつ試着しながら探していきましたね。

 

 

 

 

そしてお二人が選ばれたのはRosa《ローザ》。

その名の通り、バラの花をイメージして作られたリングです。

 

リングを4回ツイストして流れるような繊細なラインを造り、

バラの花の形を表現しています。

 

リングの表面にはヘアラインと呼ばれるマット加工を施して、

落ち着いた上品な輝きを宿すことが出来ました。

 

 

 

 

女性のリングには1pcだけさりげなく寄り添うように、

ダイヤモンドをお留めしました。

 

「星の飾り彫り留め」と呼ばれ、ひとつの瞬く星のように

ダイヤモンドの輝きを引き立ててくれる石留めです。

 

輝くダイヤモンドがお二人の幸せをいつまでも見守ってくれることでしょう。

 

 

 

 

ご入籍前にお二人のもとに指輪をお届けできて、とても嬉しく思いました。

 

リングと対面したときのお二人の笑顔を思い出すと、

つくり手としてお二人に出会えた喜びを改めて実感しました。

 

 

 

 

ローザのリングと共に、これから幸せな毎日を過ごしてくださいね。

お二人の末永い幸せを心からお祈りしています。



つくり手 本波



 

Male :結婚指輪《ローザ》/K18YG(イエローゴールド)

Female:結婚指輪《ローザ》/K18PG(イエローゴールド)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

お二人の思いがこもった結婚指輪