2018.05.26 吉祥寺

フォルムでお揃い感をだし、テクスチャーでお互いのお好みを詰め込んだリング

 

 

シンプルで少しカーブがかったデザインが好きとおっしゃっていましたね。

 

お話をお伺いして沢山のリングデザインをつけていくと、手に持っているリングはカーブのリングではなく、ストレートでリングのトップにひねりや、ツイストなど動きのあるデザインでしたね!

 

 

 

 

 

 

そんなお二人が選んだデザインは、メビウスuno《Mobius uno》とメビウスdue《Mobius due》。

 

 

メビウスuno《Mobius uno》とメビウスdue《Mobius due》は永遠を象徴する【メビウスの輪】がモチーフで、リングのトップの位置で1回ひねりが加わったデザインです。

 

とても立体感のあるデザインとなっています。

 

 

 

 

 

 

質感はお二人ともこだわりがあり、男性はマット感のある質感。女性は光沢感のある質感がお好きでしたね!

 

 

男性はマット感が強すぎないヘアライン仕上げに、側面からトップ部分に鏡面仕上げにすることで、コントラストを少し和らげたお仕立てに。

 

ダイヤモンド結婚指輪にはいらないかなとおっしゃっていた女性さまは、鏡面仕上げにリングトップの部分を〈スターダスト〉を施しました。

 

〈スターダスト〉は加工は、ダイヤモンドのキューレットの部分を押し当ててテクスチャーをつけてゆきます。ダイヤモンドが入っていないのに、入っているようにキラキラと輝きます。

 

 

 

 

 

 

最初はお揃い感はなくてもいいと話していたお二人ですが、形でお揃い感を持たせつつ、お互いのこだわりが埋まったリングとなりましたね!

 

 

お二人とお話をしているととても楽しく、暖かい気持ちになりました!

 

またクリーニングなどでお二人にお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

末永くお幸せに!

 



つくり手 青山 夏子



Male:結婚指輪《メビウスdue》/ PT(900プラチナ)

Female:結婚指輪《メビウスuno》/ PT(900プラチナ)

 

Kichijoji Atelier

この投稿をシェアする

フォルムでお揃い感をだし、テクスチャーでお互いのお好みを詰め込んだリング