2018.05.14 吉祥寺

面の切り返しにエッジと繊細さを感じるリング

お二人がithに来てくださった時期は年の瀬の街中が賑やかなときでした。

結婚式が近いためリングをたくさん見てみたいとお話しされていましたね。

 

 

 

 

たくさんのリングの中から、アレグロ《Allegro》を選ばれました。

 

最初からシンプルなリングにしたいとお互いに言っていました。

お二人とも好みが似ていて、きらりとひかるプラチナのリングをすぐに手に取られましたね。

少しの個性とお二人らしいシンプルなリングを探しているうちにお好みのリングに出会いました。

 

 

 

 

アレグロ《Allegro》はひとめ見た時には落ち着いた印象のリングですが、一本の長いラインがアクセントになっていて面の切り返しが個性的なリングになっています。

このリングの絶妙に変化が効いた、職人のこだわりの詰まったラインがなんだか良いなあ、とお二人に言っていただけてとても嬉しかったです!

 

 

 

 

お二人とお会いした時はとても落ち着いた雰囲気でこちらもお話ししているうちに穏やかな気持ちにさせていただきました。

またお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

末長くお幸せに・・・!

 

Male:マリッジリング Pt  (プラチナ)

Female:マリッジリング Pt (プラチナ)

アレグロ《Allegro》

つくり手 福島瑠佳

Kichijoji Atelier

この投稿をシェアする

面の切り返しにエッジと繊細さを感じるリング