2022.08.05 銀座

沢山の”縁”を感じながら選んだ、月桂樹の温かみのある指輪

ithのことは広告で偶然見つけてくださったお二人。

 

男性はつくり手である私の父と同じ漢字、

女性の漢字の一文字は私の名前と同じ漢字。

「とてもご縁を感じました!」と、

そんなたわいもない会話から

お二人の指輪探しは始まりましたね。

 

 

温かみのある指輪を求めて

 

お二人が選ばれたのはErba《エルバ

というリングでした。

 

 

ご試着をする前から

温かみのあるデザイン、人と違うデザイン

求めていらっしゃいましたね。

 

じっくりと試着を重ね、

丸みがあり、優しい印象のあるリングが、

お二人の求めたデザインでした。

 

それぞれのお手元に合わせたお揃い

 

 

最初は、少しでも似ているポイントが

あればいいいねとお話ししていたお二人。

 

しかし、沢山の指輪をご覧いただき、

やはりなるべくお揃いにしたいなと

お気持ちの変化がありました。

 

ベースの形と色味を揃え、

幅や表面加工はそれぞれにあった

指輪が完成しました。

 

ご縁を感じる、お二人のはじまりの思い出

 

指輪の内側に入れた刻印は、

お二人がお付き合いを始めた日付。

 

お二人が最初にお揃いにしたスニーカーは、

Erba《エルバ》と同じ、

月桂樹をモチーフとしたブランドだったそう。

 

「幸福の木」と呼ばれる

お二人にとっても縁ある月桂樹が、

夫婦となったお二人に元にも

たくさんの幸福を届けることを願っております。

 

つくり手 矢嶋

銀座アトリエ

Customer's Voice

ithでの指輪制作を決めたのは本当に些細なきっかけでしたが、今となってはithでお願いして本当によかったと思っています。ご依頼してから届くまでの間はとても待ち遠しく、指輪選びの素敵な時間を思い出して完成を楽しみにしていました。私たちに優しく寄り添ってくれた作り手さん、丁寧な仕事で複雑なデザインもしっかり作り上げてくれた職人さん、そのほか関わってくださったスタッフの皆さんのおかげで、今こうして手元に届いたと思うとすごく嬉しい気持ちでいっぱいです。これから2人で大切に着けていこうと思います。ありがとうございました。

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

沢山の”縁”を感じながら選んだ、月桂樹の温かみのある指輪