2020.06.20 Ginza

運命のダイヤモンドでプロポーズを。

初めて男性とお会いしたのは今年の2月。


「今月の3連休にプロポーズをしたい。」

そうお話ししてくださいました。


ithでの指輪制作には、

通常2ヵ月のご納期をいただいているため、

3連休には間にあわせることが難しい。


そこで提案させていただいたのが、

ダイヤモンドプロポーズ》でした。





選んだダイヤモンドで

プロポーズをしていただき、

後日お二人でダイヤモンドを留める

指輪のデザインを選びに来ていただく。


「どのデザインにしようか、

相手の好みを考えたら迷ってしまう。」


もう一つお悩みがあった男性に、

ぴったりだと思いご提案しました。


相手のことを想うからこそ

悩んでしまうデザイン選び。


だからこそプロポーズ後に、

一緒に選ぶことを大事にすることに。





そしてまずは男性と、

ダイヤモンド選びがスタート。


ダイヤモンドには

ひとつひとつグレードがあり、

どれも同じものはありません。


長い時間をかけて

相手のことを思いながら、

運命の一石を見つけました。


そして2週間後に、

ダイヤモンドをご納品。


そしてその翌日に、

プロポーズを終えた男性が

お相手の女性を連れて、

アトリエにお越しくださいました。





「シンプルが好き。」


そう言って女性が選ばれたデザインは、

一石のダイヤモンドが綺麗に引き立つ

ソリテール》。


地金は女性のお好みで、

イエローゴールドを選びました。


「普段もたくさん身に着けたい。」


人生に一度の贈りものだからこそ、

肌によく馴染み、普段も使いやすい色味を

大事にしています。





「一人じゃ決められなかった。

二人で選びに来れてよかった。」


そうおっしゃってくれたことを、

とれも嬉しく思っています。


実はお二人の結婚指輪の制作も、

ご担当させていただきました。





次回はお二人の結婚指輪について、

お話しさせていただきますね




つくり手/平島



Female:婚約指輪ソリテール/K18YG(イエローゴールド)

この投稿をシェアする

運命のダイヤモンドでプロポーズを。