2019.12.12 銀座

職人と共に“想い”を大切にした結婚指輪

 

 

「実は、この模様を取り入れたくって」と、

麻の葉の模様を見せてくださったお二人。

 

“魔除け”の意味があると言われている麻の葉。

「二人がいつまでも幸せでいられますように」

彫り模様にそんな願いを込めた、

オリジナルのリングが完成しました。

 

心から自信を持って、

このリングをお二人にご納品するために、

工房の職人たちも、時間をかけて制作しました。

 

 

 

 

麻の葉の幾何学模様を、平面ではなく、

リングという円形のものに描いていきます。

 

少しづつ少しづつ、

レーザーを使って模様を加える作業。

 

たった0.1ミリ未満のズレが、

大きなズレになってしまうほどの細かな彫りを加えます。

 

これが、とっても難しい作業でした。

 

その都度、私も一緒に検品をしながら、

職人もつくり手も、一番はお二人が、

心から納得する出来の彫り模様に仕上がるまで、

何度も何度も、やり直しました。

 

 

 

 

山梨県の職人さんにも協力していただき、

やっと完成したリングを見たときは、

早くお二人に見ていただきたくて、

心が躍るほど嬉しかったです。

 

リングの全体幅は5.0㎜にして、

麻の葉模様の他に、表面の質感にはメーゼという

ithオリジナルのつや消しも取り入れました。

 

地金をピンクゴールドにしたことで、

全体がより優しく柔らかく、

どこか奥ゆかしさも感じるリングになりましたね。

 

 

 

 

工房の職人も、そして私も。

 

お二人のリング制作を通して、

より一層“ひとつひとつを大切に”する、

“ものづくり”と、真摯に向き合うことが出来ました。

 

お二人の大切なものを、

お二人と、職人と、つくり手で、形作っていく。

 

その形が、個性的であっても

シンプルだったとしても。

その瞬間が、たまらなく幸せだと、

心からそう思います。

 

お二人の末永いお幸せを、

銀座アトリエから祈っています。

 

 

 



つくり手 / 平島 



 

 

Male:結婚指輪《オーダーメイド》/K18PG(ピンクゴールド)

Female:結婚指輪《オーダーメイド》/K18PG(ピンクゴールド)

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

職人と共に“想い”を大切にした結婚指輪