2019.10.12 銀座

バラの蕾にとまる蝶々をイメージした結婚指輪と婚約指輪

 

 

“バラの蕾にとまる蝶々”

 

“バラの蕾”と“蝶々”をモチーフとしたリングの中に、

そんな風景をインスピレーションさせながら、

お二人はリングを選ばれました。

 

選んだリングはどちらも、

リング正面だけではなく、側面から見ても、

形が綺麗なデザインのリング。

 

どの角度から見ても、

気分が上がるリングになりましたね。

 

 

 

 

結婚指輪に選んだ《ローザ》は、

今にも花開きそうな、バラの蕾をモチーフにした、

優雅で洗練された形のリングです。

 

身につけた時はシンプルに、

でも着け外しをするたび、個性的な形が顔を出す、

他にはないデザインに惹かれました。

 

動きがある形につや消しを入れることで、

つや消しを立体的に感じられるところも、

お二人のお気に入りです。

 

 

 

 

婚約指輪は、側面に蝶々をとりいれた《ファルファーラ》

 

結婚指輪と合わせて、

地金のお色はイエローゴールドに。

 

結婚指輪と重ね着けをした時に、

統一感がでるようにと、イエローゴールドを選びました。

 

リングの幅いっぱいに留まったダイヤモンドが、

身に着けた時に、キラキラと輝き、

ふと目にするたび、幸せな気持ちを運んできます。

 

 

 

 

実はお二人、鹿児島県から、

銀座アトリエまで、リングのご相談に足を運んでくださいました。

 

私も同じ九州出身で、

お二人からお話を聞いた時は驚いたのと、

関東だけではなく、九州の方にまで、

ithの魅力が伝わっていて、とても嬉しかったです。

 

 

 

 

お二人のリングが鹿児島の地で、たくさんの光のもと、

いつまでも輝きに満ち溢れていることを願っています。

 

 



つくり手 / 平島 



Male:結婚指輪ローザ/K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪ローザ/K18YG(イエローゴールド)

Female:婚約指輪《ファルファーラ》/K18YG(イエローゴールド)

 

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

バラの蕾にとまる蝶々をイメージした結婚指輪と婚約指輪