2018.12.25 銀座

お2人の未来をキラリと輝かせるプリズムのような結婚指輪



明るくてエネルギッシュな雰囲気のお2人。


笑顔が印象的なお2人はまるで、

夏の象徴であるひまわりのようでした。


そんなお2人が、魅了されたリングはAllegro《アレグロ》





たくさんのリングを試してみましたが、

スッキリとまとまりがある《アレグロ》を好まれましたね。


形も仕上げもお揃いにすることを大切に、

男性、女性どちらのリングも鏡面でおし立てすることに。





切り返しのある面が光を反射し、

プリズムのようにキラキラと輝くリングになりました。


レディースリングには、星をモチーフとした石留めで、

ダイヤモンドを1石留めています。





《アレグロ》は、音楽表記として使われている単語ですが、

本来はイタリア語で、「陽気な、活発な」という意味なんだそうです。


ぴったりな意味合いに、《アレグロ》とお2人が、

実は運命の糸で繋がれていたのではないかと、考えてしまいました。





「完成したリングを身につけたら、

夫婦になったんだなって実感する」とご納品の時、

照れくさそうにおっしゃってくださった男性。


そんなお2人の“夫婦の印”に、担当として携われたことを、

心から嬉しく誇りに思っています。


太陽に向かってのびのびと咲くひまわりのような笑顔が、

これから先もずっと、満開で咲き続けますように。




つくり手 / 平島 郁美



Male:結婚指輪《アレグロ》/Pt900(プラチナ)

Female:結婚指輪《アレグロ》/Pt900(プラチナ)


この投稿をシェアする

お2人の未来をキラリと輝かせるプリズムのような結婚指輪