2019.04.15 横浜元町

お互いの好みがひとつの結晶となった結婚指輪

ペアリングをすでに二本お持ちの仲良しなお二人。

 

結婚指輪はオリジナリティのあるリングにしたいとithを選んでくださいました。

instagramを見てはじめからそれぞれお気に入りのリングを

考えてきてくれましたね。

 

 

 

 

気になっていたリングだけでなく

幅広いたくさんのリングをご試着いただくと、

他にもお好みのリングがでてきました。

 

女性は多面体のリング中でも一つひとつの面がはっきりしていて、

なおかつ細身のリングがお好きでしたね。

男性の一番のお気に入りはCristllo《クリスターロ》。

 

 

 

 

《クリスターロ》はエッジの効いた不規則な多面が

シャープで力強い印象の個性的なリングです。

“結晶”という意味の通り、クリスタルのカッティングをイメージしています。

 

男性は面の大きさが違うだけでなく、

削り出す方向をあえて変えることによって表情が豊かに見えるところや、

中心の一面だけが鏡のように磨き上げられたアクセントに

とても感動してくださいましたね。

 

 

 

 

女性は《クリスターロ》のそのままの質感は

スニーカーやキャップなどカジュアルな服装と似合うリングだと感じるので

もう少し光沢を出したいと話してくれました。

 

そこで男性リングの一面だけある鏡面という

光沢が一番強い質感に全体をアレンジ。

金属の色味をピンクゴールドにし、

幅を細くすることで女性らしさも増しましたね!

 

 

 

 

同じ形状のリングにお互いの好みの質感や色で

お仕立てしたリングはお二人だけのオリジナルティがとても感じられます!

 

完成したリングとの対面で

お二人の喜んでくださった笑顔が忘れられません。

またいつか、お会いできる日を楽しみにしていますね。

 

 

 

 

結婚指輪が夫婦の愛の結晶として

お二人の幸せをずっと見守ってくれる存在でありますように。

 



つくり手 矢野



 

Male:結婚指輪《クリスターロ》/ K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪《クリスターロ》/K18PG(ピンクゴールド)

Yokohama Atelier

この投稿をシェアする

お互いの好みがひとつの結晶となった結婚指輪