2021.02.25 Umeda

手仕事だからこそ生み出される繊細な彫り模様

ithには様々なデザインの指輪があり、

そのどれもが職人の手仕事によって

制作されています。


今回は、手仕事の雰囲気をより感じられる

"彫り模様"の指輪をご紹介しますね。





"雨"をモチーフにした《ピオージャ

結婚式に降る雨は祝福の証とされ、

縁起がいいと考えられています。


よく見ると、

一本一本の線の太さや密度、深さが異なり

自然でラフな風合いを感じることができます。


あえて不規則に彫っていく。

手仕事だからこそできる模様ですね。





"森林"をモチーフにした《フォレスタ

バランスを考えつつも

不規則で横に伸びる彫り模様からは、

自然の中でのびのびと育つ「木の枝」を

連想することができます。


指にはめると小枝が巻きついているような

優しい温もりを感じられる指輪です。





"羽"をモチーフにした《ピウマ

V字に彫ることによって、

まるで羽のようなふわふわと柔らかい輝きを

放ちます。


羽にはお守りの効果があると言われており、

"優しく包み込み守ってくれますように"

"たくさんの幸せが訪れますように"

という願いが指輪に込められています。


手仕事だからこそ生み出される、

優しく、あたたかみのある繊細な彫り模様を

ぜひアトリエに見にいらしてくださいね。




つくり手 宮本





この投稿をシェアする

手仕事だからこそ生み出される繊細な彫り模様