新宿アトリエ 壁紙に込められた想い | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith

2021.04.12|Shinjuku

新宿アトリエ 壁紙に込められた想い

関連タグ:

新宿アトリエの開放的なエントランスを抜け、

中へ進むとパッと目を引く綺麗な絵画。

 

一見、額縁に入った絵画に見えますが、

中を覗くと絵画ではなく壁紙になっています。

 

 

この壁紙は、19世紀にイギリスで活躍した、

ウィリアム・モリスがデザインしたものです。

新宿アトリエだけでなく、

ithのアトリエにはモリスの壁紙が

たくさん用いられています。

 

1800年代のイギリスは、

産業革命の成果により工場の大量生産に溢れ、

職人の手仕事の美しさが失われていました。

 

生活と芸術を一致させようとモリスが行ったのが

《アーツ・アンド・クラフツ運動》です。

 

モリスのデザインに対する考えやその実践は、

イギリスだけでなく、たくさんの国に影響を与え、

20世紀のモダンデザインの源流にもなったといわれています。

 

 

新宿アトリエ2階、円形の個室も

モリスの壁紙で彩られています。

 

まるで植物図鑑のような

繊細で美しい壁紙です。

 

 

モリスのものづくりに対する思いのように、

《たくさんよりもひとつを大切に》

今日もithにお越しくださるお二人の

大切な指輪に携わっています。

 

新宿アトリエ一同

関連タグ:

ご予約空席を確認する

SNSでシェアする

ith代表ブログ

関連Blog

Our Serviceithのサービス

アフターケアオーダーメイドについてithについてithで生まれた物語FAQダイヤモンドウェディングリングコラムインスタグラム「指輪のある風景」