2020.11.29 Sakae

繊細な彫り模様に惹かれた結婚指輪

お二人がたくさんの試着をした中で

心を惹かれた指輪は《ピウマ》でしたね。


中央にある星のモチーフから両サイドに

羽のようにふわっと光り輝く

繊細な彫り模様が特徴的なデザインの指輪です。



この繊細な彫り模様は

職人が一つずつ丁寧に彫ってできています。

その手仕事のあたたかみに

とても感動してくださっていましたね。


お二人が、アトリエの外に出て

指輪の輝き方を他のデザインの指輪と

見比べていたのもとても印象的でした。



また、《ピウマ》はイタリア語で

“羽"という意味があります。


そして指輪の中央にある“星"のモチーフには

“お守り"や“明るい未来へ導く"といった

意味合いもあります。


そういった意味合いにも

より心惹かれていったのも今でも覚えています。



これからずっと身に着けていくもの

だからこそ、

「この指輪にしないと後悔しそう」

と言った男性の一言が印象的でした。


自分たちの指輪選びの

背中を押す一言だったのでは

ないかと思います。


お二人が心惹かれたこの指輪が

これからのお二人を

明るい未来へ導いてくれますように。



つくり手 杉浦



Male:結婚指輪《ピウマ》/K18YG(イエローゴールド)

Female:結婚指輪《ピウマ》/K18YG(イエローゴールド)

この投稿をシェアする

繊細な彫り模様に惹かれた結婚指輪