青の廊下をぬけて | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith

青の廊下をぬけて
2014.07.17|指輪制作日誌

青の廊下をぬけて

ith_0717

 

吉祥寺に店舗を構える私たち。

 

銀座や青山に居を構える大手や老舗ジュエラー
のようなブランドや華やかな店舗はありません。
けれども吉祥寺のはずれのこの店に、わざわざ足を
運んで頂いたお客様に対してできることは何か。

 

私たちなりの答えのひとつが、
ジュエリーについて知ってもらい分かってもらって、
ジュエリーをもっと身近に感じて頂く、ということ。
ithはもともと、ジュエリーの工房に端を発しています。

 

今でも2Fはジュエリーを学ぶ学生達や、
自分のブランドで頑張っているつくり手たち
が切磋琢磨する工房兼スクールになっています。

 

そんな環境の延長上で、
つくり手に気軽に話しを聞いたり、
ダイヤや天然石、地金などの材料や素材に
触れてもらい、ジュエリーを知って頂く。
その楽しみ方やつき合い方をわかって頂く。

 

だから、ithの店舗でも、職人の作業場とともに、
友達の家のようにくつろいで話ができるスペース
を用意しました。

 

気兼ねせず質問したり、ジュエリーに触れたり、
ができるように。
結婚指輪をお探しのお客様の中にも、
色々なお店で商品を見て提案を受けてたら
どういうものがいいか分からなくなってしまった
という方がおられます。

 

迷いや不安を抱えたお客様と色々とお話しをながら、
こんがらがった糸をゆっくりと紐解くように、
お客様の求めるものを探し出していく。

 

そんなやりとりを通じて、ジュエリーのことを
もっと好きになってくれたらいいなと思っています。
青い廊下を通りぬけると、そこには日の光が
ゆるやかに差し込むゆっくりとした時間が流れています。

 

珈琲でも飲みながら、吉祥寺のこと、ジュエリーのこと・・・
お話しできるといいですね。
<ithプロデューサー・よしだ>

ご予約空席を確認する

SNSでシェアする

ith代表ブログ

関連Blog

Our Serviceithのサービス

アフターケアオーダーメイドについてithについてithで生まれた物語FAQダイヤモンドウェディングリングコラムインスタグラム「指輪のある風景」