エンゲージリングとは | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith

エンゲージリングとは
2014.07.14|指輪制作日誌

エンゲージリングとは

2014-07-13 22.58.56-2

 

 

エンゲージリングとは

 

 

婚約の証として男性から女性へ贈るリング。

ダイヤモンドが中央にセッティングされたものが一般的だけど

パールや誕生石のリングを贈る人もいる。

 

エンゲージリングの歴史は、紀元2世紀の古代ヨーロッパで始まったと言われている。

古代ローマ時代はシグニットリングと呼ばれ、男性はゴールドの指輪を、

女性はカメオの指輪を贈る習慣だった。

13世紀頃までは、エンゲージリングとマリッジリングの区別はなく、

永遠に終わることのない円を、愛の象徴として花嫁に贈ったものだった。

 

エンゲージリングは婚約指輪、マリッジリングは結婚指輪と分けられたのは13世紀以降。

エンゲージリングにダイヤモンドが使われたのは1477年、

神聖ローマ帝国のマキシミリアン大使が公女マリーに結婚を申し込んだ時に贈ったリングに

「不屈の力」「永遠」を意味するダイヤモンドが使われたという記録から。

 

その後永遠に輝きを失わないダイヤモンドがエンゲージリングの定番に。

左手の薬指にはめるのは、左手の薬指が心臓とつながっていて、

愛の血が流れているという古代エジプトの人の信仰に由来している。

 

 

女の子は小さい頃から想像してるよね

ダイヤモンドの指輪を薬指にはめてる自分を。

 

 

つくり手 高橋亜結

 
イズのゴールドについてはこちら

http://www.ateliermarriage.com/gold/

 

 

 

イズの結婚指輪・婚約指輪コレクション

ご予約空席を確認する

SNSでシェアする

ith代表ブログ

関連Blog

Our Serviceithのサービス

アフターケアオーダーメイドについてithについてithで生まれた物語FAQダイヤモンドウェディングリングコラムインスタグラム「指輪のある風景」