2020.09.05 表参道

サプライズを成功させた思い出深いご婚約指輪

「二人で指輪を選びに行く前に、ダイヤモンドでプロポーズをしたいです」


来店前に男性から、女性への大切な気持ちが溢れる秘密のメッセージがアトリエに届きました。





指輪のデザインは彼女の好きなものを。

でも、せっかくならダイヤモンドは自分で選んだものを贈りたい。


はじめてお会いしたときに伺ったそんな言葉から、女性を思いやる気持ちと男性のまっすぐな想いが強く感じられました。


男性がダイヤモンドを選び、後日アトリエへいらしたお二人。贈られたダイヤモンドと指輪を見比べながら婚約指輪のお打ち合わせがスタートしました。


お二人でデザインをした婚約指輪は、普段も身に着けやすい仕上がりになりました。





お二人が選んだ指輪はPetits Clous《プティクル》です。


プティクル》は可愛らしくもあり、婚約指輪らしさも持ち合わせているデザインです。


ですが、女性の好みはイエローゴールドにマットな質感。


一生に一度のご婚約指輪。王道のプラチナの光沢仕上げにするか迷われましたが、お二人は普段使いのしやすさ、そしてご自身に似合うデザインを選んでいましたね。





時間をかけて、指輪と向き合いたくさん悩んでいた女性。


そんな女性に「こっちの方が好きそうだし、似合うよ」と女性の本当に好きなデザインを選べるように、男性が言葉を掛ける姿には、とても優しさを感じました。


そして指輪が完成し、ご納品は女性に2回目の秘密で、男性お一人で。





ご入籍日当日に、サプライズで女性に指輪を贈った男性。


「彼女にとって、2回目のサプライズになったようで、指輪を渡したときに泣いて喜んでくれました」


後日、とても幸せなメッセージもいただきました。きっとお二人にとってご入籍日がより思い出深く忘れられない特別な日になったと思います。


そんなお二人のエピソードのなかにithの指輪があること、そして、お二人の指輪に携われたことが、とても幸せです。


またいつか、お二人と楽しくお話ができることを楽しみにしていますね。



つくり手 安藤



Female:婚約指輪《プティクル》/K18YG(イエローゴールド)

この投稿をシェアする

サプライズを成功させた思い出深いご婚約指輪