2017.11.02 大宮

仕上げ違いのコントラストが光る、お揃いの結婚指輪

細身でシンプルなリングがご希望のお二人。





カーブのついたリングに興味がある中で、《ヴィバーチェ》のリングがお二人の一番のお気に入りでした。


《ヴィバーチェ》は光沢とつや消しのコントラストが2色使いのようにも見えるデザインで、全体にかかった波打つようなカーブが薬指の形にとてもフィットするリングです。





お二人は、異なるつや消しの2面にするか、光沢とつや消しの2面にするかでたくさん悩まれましたね。


時間をかけて話し合い、光沢とヘアラインの2面でお仕立てすることに。



そしてヘアラインの面にはお星さまの飾り彫りをお揃いで施しています。





内側には、挙式が行われる9月の石・サファイアを色違いでお留めしています。


サファイアはカラーバリエーション豊かな石で、お二人それぞれが気に入ったお色を選ばれました。





華奢な中にもお二人のこだわりがたくさん詰まった、お揃いのデザインとなりましたね!





リング選びを楽しんでいただけて、つくり手として本当に幸せな時間を過ごさせていただきました。


これからも幸せな毎日がお二人にたくさん訪れますように!




つくり手 伊藤理佐





Male:マリッジリング / K18WG(ホワイトゴールド)
Female:マリッジリング / K18WG(ホワイトゴールド)
結婚指輪 Vivace《ヴィバーチェ》

この記事はいかがでしたか?

回答すると、ほかの方の反応がわかります。
あなたはどっち?

この投稿をシェアする

仕上げ違いのコントラストが光る、お揃いの結婚指輪