2020.09.25 銀座

「はじまり」をテーマにした結婚指輪

お二人の結婚指輪には、

「はじまり」というテーマがあります。


「一体どこのデザインに

そのテーマを込めたのだろう?」


そう思う方も

いらっしゃるかもしれません。


実は「はじまり」という意味を、

指輪の形に込めています。





お二人が選んだ指輪の形は、

四角い形が魅力的な“平打ち”。


平打ちの指輪は、

指輪作りの職人が一番初めに

制作の練習をする形です。


平打ちの形が、

綺麗に作れるようになってはじめて、

他の形も作れるようになる。


平打ちの指輪は職人の

“出発地点”でもあるのです。


夫婦の証である結婚指輪に、

お二人は「ここからがはじまり」を意味して、

平打ちの形を選びました。





そして指輪の幅は、

それぞれのお手元に合わせて

男性は3.0㎜、女性は2.0㎜に。


地金の色味はゴールドで揃えました。


男性はホワイトゴールド、

女性はピンクゴールド。


何度も何度も着け比べては

自然光でお手元を確認しながら、

大事に大事に選ばれていましたね。





指輪の試着をしていくなかで、

つや消しにも興味をもたれたお二人は

“ホーニング加工”をアレンジとして

取り入れることに。


ホーニングを取り入れることで、

「平打ちの角が、

きらっと光って見えて綺麗。」

そうおっしゃっていました。





さらに男性は側面まで

ホーニング加工。


女性の指輪の側面は、

ホーニングではなく鏡面仕上げで

お仕立てすることに。


お二人の好みも取り入れることで、

身に着けてワクワクする

そんな結婚指輪が完成しました。





ご納品日には、

早速完成した指輪を身に着けて

帰られたお二人。


「はじまり」の日に

携われたことを、

心から嬉しく思っています。


今後は経年変化で変わっていく風合いも、

楽しんでいかれてくださいね。




つくり手 / 平島 




Male:結婚指輪クアトロ/K18WG(ホワイトゴールド)

Female:結婚指輪クアトロ/K18PG(ピンクゴールド)

この投稿をシェアする

「はじまり」をテーマにした結婚指輪