2019.02.09 銀座

お二人らしいゴールドのリングに家紋をお入れしたご結婚指輪

 

ithのInstagramで、沢山のリングを見てきてくださったお二人。

 

お二人とのリング選びで印象的だった出来事は、

はじめにお話ししてくださったお二人のご希望でした。

 

お互い全く同じ形ではなく、それぞれが好きな形のリングを選び、

地金のお色味だけ揃えて作りたいとおしゃってくださいましたね。

 

 

 

 

リングに取り入れたいご要望をお伺いすると、

「つけた時にのエッジのきいたリング、またテクスチャーはマットが好き」

と、教えてくださった男性。

 

女性は、「動きが少しあって、ダイヤモンドがあるリングが良い」とのことでした。

 

 

 

 

まず男性が、心を惹かれたリングはAlloro《アローロ》。

 

リングの断面が四角く、エッジのきいたデザイン

気に入ってくださいました。

少しツヤ感のあるヘアラインというマット加工を施す事で、

肌馴染みがよいリングになった所も、男性のお気に入りです。

 

 

 

女性が、魅了されたリングは、regato《レガート

リングのトップが、下に垂れ込むような優しいカーブの入ったU字のリング。

少しぽってりとしたファルムがお気に入りでした。

 

左サイドに3つダイヤモンドをお留めしたのは、

1番お好きなリングのフォルムを損なわないため。

さりげなく煌めくダイヤモンドの雰囲気も、

素敵だとおしゃってくださいました。

 

 

 

 

最後にリングの内側に、お二人のお家の家紋を添え

リングが完成いたしました。

 

家紋入れることにより、お二人だけのリングではなく、

“家と家の繋がり”、“人と人の繋がり”を感じられ、

とてもあたたかな気持ちになったことを思い出します。

 

 

 

 

 

ご納期品時には『好きなリングができた!』と、

おっしゃっていただきともて嬉しかったです。

 

クリーニングでお会いする際は、

お二人のリングが、どのように手に馴染んでいるのかを見るのが楽しみです。

 

お会いできる日を楽しみにお待ちしております…!



つくり手 高橋紗奈


Male:結婚指輪アローロ》/K18YG(イエローゴールド)
Femile:結婚指輪《レガート》/K18YG(イエローゴールド)

Ginza Atelier

この投稿をシェアする

お二人らしいゴールドのリングに家紋をお入れしたご結婚指輪