ithイズマリッジのコラム/アクロスティックストーリー:M モルガナイト

Facebook インスタグラム SHOP
    • ith表参道
    • ith横浜元町
    • ith吉祥寺
    • ith柏 来店予約

COLUMN

"column"

ジュエリーの話

コラム

アクロスティックストーリー:M モルガナイト

特徴・歴史

アクワマリンやエメラルドと同じベリル(緑柱石)の一種で、マンガンの作用でピンク色になったものをモルガナイトと呼びます。

多色性があり、見る方向によって2種類の色が見えたり、無色に見えたりします。

逸話

モルガナイトは、アメリカの銀行家であり、モルガン・コレクションで知られる指折りの美術収集家でもあった
J・P・モルガンの名にちなんでつけられた名前です。

1911年に、ティファニーの宝石顧問であったクンツ博士が命名しました。

その愛らしいピンク色は、「愛情」「清純」「優美」を象徴するとされ、持つ人に思いやりの気持ちと知恵を与え
、物事の真実を見極める力を養うと伝えられています。

 

 

産地

 

ブラジル、アメリカ、パキスタン、モザンビーク、マダガスカル 等

 

 

(参照文献『天然石・ジュエリー事典』)

ith
Copyright © ith marriage. All Rights Reserved.