ithイズマリッジのコラム/アクロスティックストーリー:D ダイヤモンド 4月

Facebook インスタグラム SHOP
    • ith表参道
    • ith横浜元町
    • ith吉祥寺
    • ith柏 来店予約

COLUMN

"column"

ジュエリーの話

コラム

アクロスティックストーリー:D ダイヤモンド 4月

特徴・歴史

ギリシャ語で「決して屈しない」という意味の「adamas」を語源とする、地球上で最も硬い鉱物です。

ただし、靭性(割れにくさ)は水晶と同じ程度で、一定方向に強い力が加わると割れてしまいます。

普通少し黄みがかっていて、無色透明なものほど希少性が高くなりますが、
ファンシーカラーと呼ばれる色のついたものは、その色の美しさと希少性が高く評価されます。

古来権威や富の象徴とされていましたが、研磨技術が未熟だった時代には今ほど輝きはなく、
17世紀にブリリアントカットの原形が発明され、ようやくその美しさが開花したのです。

逸話


長らく世界最大として知られたダイヤモンドに、イギリス王室の王笏を飾るカリナンⅠ世があります(現在は二番目)。

これは530.2カラットのダイヤモンドで、1905年に南アフリカで発見された原石は、3106カラットもの大きさでした。

鉱山主の名をとって「カリナン」と名づけられたこの石は、イギリスの王に贈られ、カットはアッシャーという技師に任されました。

彼にかかったプレッシャーはすさまじく、カットを開始してダイヤが割れたとき、うまくいったにもかわらず、
彼は緊張のあまり失神してしまった……といわれているほどです。
こうして世界最大の原石は、アッシャーの見事な技術によって
9つの大きな石(カリナンⅠ世〜Ⅸ世)と96個の小さな石にカットされたのでした。

 

 

産地


ボツワナ、オーストラリア、コンゴ、ロシア、南アフリカ共和国、ガーナ 等多数

 

硬度10

 

(参照文献『天然石・ジュエリー事典』)

ith
Copyright © ith marriage. All Rights Reserved.