ithイズマリッジのコラム/アクロスティックストーリー:C シトリン 11月

Facebook インスタグラム SHOP
    • ith表参道
    • ith横浜元町
    • ith吉祥寺
    • ith柏 来店予約

COLUMN

"column"

ジュエリーの話

コラム

アクロスティックストーリー:C シトリン 11月

特徴・歴史


和名が示すように、黄色や黄金色の水晶のことです。

フランス語で「レモン」 を意味する「 citron 」がその名の由来といわれています。

黄色は中に含まれた鉄 分の作用によるものですが、天然のものは淡黄色が多く、非常に希少です。

そ のため、市場に出ているシトリンは、ほとんどがアメシストやスモーキー・ク ォーツを熱処理によって変色させたものです。

トパーズのイミテーションに使 われるため、かつてはブラジリアン・ドバーズとも呼ばれていました。

逸話

黄色〜黄金色をしたシトリンは、古くから「太陽を象徴する石」とされてき ました。

心の中の黒い部分に陽光のように光をもたらし、迷いや悩みを解消し て、持つ人に自信と希望を与えて生命力を高めてくれると信じられ、
身体にパ ワーを与えてくれる石として、お守りにされてきたのです。

また、昔から商売 繁盛と繁栄の象徴である「幸福の石」とも呼ばれ、周囲に人を集めたり、
物事 をスムーズに動かして富と財産を築くともいわれてきました。

ペリペッドと同じくこの石も「トパーズ」と呼ばれ、上流階級の人々に非常に愛されたといわれ、
シトリン・トパーズと呼ばれるのは、その名残ともいわれています。

 

産地

ブラジル、ベトナム、アメリカ、スペイン、ロシア、フランス、スコットラン ド 等

 

硬度7

 

 

(参照文献『天然石・ジュエリー事典』)

ith
Copyright © ith marriage. All Rights Reserved.