ithイズマリッジのコラム/アクロスティックストーリー:A アメシスト 2月

Facebook インスタグラム SHOP
    • ith表参道
    • ith横浜元町
    • ith吉祥寺
    • ith柏 来店予約

COLUMN

"column"

ジュエリーの話

コラム

アクロスティックストーリー:A アメシスト 2月

特徴・歴史


和名を紫水晶といい、その名の通り紫色の水晶で、水晶の中では最も高価な 宝石です。

色は微量に含まれた鉄イオンによるもので、淡いすみれ色から濃い 紫まで幅があります。

人との関わりも古く、ヨーロッパでは2万5千年前の遺 跡からアメシストの加工品が発見されています。

また、古代から紫色は宗教的、 霊的権威の高い色とされていたため、
ユダヤ教では「聖なる宝石」、キリスト教 では「司教の石」と呼ばれてきました。

稀にシトリン(黄水晶)が同じ結晶の 中に生成することがあり、この結晶はアメトリンと呼ばれます。

 

 

逸話


メシストの名前の由来は、「酒に酔わない」という意味のギリシャ語 「 amethistos 」。

この石を身につけていれば、どんなに飲んでも酔わないと信じ られていました。

また、ギリシャ神話には、こんな話がありました。 「ある日、機嫌の悪い酒神ディオニソスが。

最初に会った者を虎に襲わせよ うと考えました。

そこへ、月の女神ダイアナの神殿へ向かうニンフ(妖精)のアメシストがやってきました。

アメシストの危機に気づいたダイアナが、間一 髪のところで彼女を石にして助けますが、
ディオニソスはその姿を見てひどく 悔い、持っていた葡萄酒を石にそそいで美しい紫の宝石に変えました...

古く から葡萄酒と深い関わりがあるといわれるアメシストの、美しくも悲しい話で す。

 

 

産地

ブラジル、ザンビア、ウルグアイ、南アフリカ共和国、インド、スリランカ 等

 

硬度7

 

(参照文献『天然石・ジュエリー事典』)

ith
Copyright © ith marriage. All Rights Reserved.