ithイズマリッジのコラム/つくりと素材の話:結婚指輪の定番プラチナ

Facebook インスタグラム SHOP
    • ith表参道
    • ith横浜元町
    • ith吉祥寺
    • ith柏 来店予約

COLUMN

"column"

つくりと素材の話

コラム

結婚指輪の定番プラチナ

婚約指輪や結婚指輪の定番素材はプラチナです。

特に私達たち日本人に大人気のプラチナを三つの視点から考えてみましょう。

ダイヤモンドに一番映える

婚約指輪や結婚指輪においてプラチナが一番愛されるのは、ダイヤモンドの無色透明にプラチナが一番綺麗に映えるからです。
イエローゴールドやピンクゴールドでは、金属の地色がダイヤモンドに写り込んでしまう可能性がります。
ダイヤモンドを引き立てるには、同系統である白金色(プラチナ)が最も適しているとされるのです。
しかし、実はこれ日本だけの風習で、欧米ではむしろゴールドのエンゲージリング、マリッジリングが多いそうです。

変質・変色に強い

プラチナの白金色、経年による腐食や変色がありません。

また耐久性にも優れている為婚約指輪や結婚指輪のように何十年身につけるものには最適です。
欧米で人気のホワイトゴールドは、もともと若干金色味がある暖かな白で、
プラチナのような白金色にする為にはメッキを施します。

その為、長く使い続けると、もとの色が出てしまい、人によってはそれを変色と勘違いするようです。

希少価値が高い

プラチナは金に比べ採掘量が希少です。その希少性が結婚の際にジュエリーに使いたいと思われるのではないでしょうか。
最近ではジュエリー以外にも化粧品や工業製品のコアな部分に使われたりして、需要が高まり価格が高騰しています。

ith
Copyright © ith marriage. All Rights Reserved.