ithイズマリッジのコラム/つくりと素材の話:誕生石の歴史

Facebook インスタグラム SHOP
    • ith表参道
    • ith横浜元町
    • ith吉祥寺
    • ith柏 来店予約

COLUMN

"column"

つくりと素材の話

コラム

誕生石の歴史

起源

誕生石の起源は定かではなく、いくつかの説があります。
有名なものをあげると、ひとつは旧約聖書の「出エジプト記」に記された、ユダヤ教の高僧が胸につけていた、
12種類の宝石がぬいつけられたプレートに由来するというものです。
また、新約聖書の「ヨハネ黙示録」にある、エルサレム城壁の土台に飾られた12種類の宝石という説もあります。
さらに古いものでは、バビロニア帝国で用いられていた12星座と星座石に関係するというものもあります。
このように諸説ありますが今日のように誕生石を身につける習慣を広めたのは、

18世紀にポーランドに移住したユダヤ人だったといわれています。

現在の誕生石

20世紀に入ると、多くのユダヤ人がアメリカへ移住し、誕生石の習慣はアメリカにも広まりました。

1912年には、アメリカの米国宝石商組合によって正式に「誕生石」が制定されます。

その後、1952年には改定されて、現在のものとなりますが、
1937年にイギリス、1958年には日本でも独自の誕生石が制定されます。

これらの誕生石は人々の好みや宝石商たちの販売戦略を加味して、少しずつ異なったものとなっています。

誕生石とユダヤ人

誕生石の歴史には、ユダヤ人の歴史が見え隠れします。

ユダヤ人は、古くからさまざまな理由で迫害を受けてきました。

14世紀にポーランドが国を統一し、国家の財政を立て直すために、
商売に長けたユダヤ人を重用すると、各国で迫害されてきたユダヤ人はこの地に根付きます。

そして、古くから宝石に関心を持ち続けた彼らが、18世紀に誕生石の風習を広めたといわれます。

ユダヤ人にとって、小さく携帯に優れ、その上資産価値の高い宝石は格好の商売の品だったのです。

そのポーランドが戦争や内戦によって分割されると、行き場を失ったユダヤ人はアメリカに渡り、
そこでまた誕生石を広めました。

現在各国でなじみ深いものとなっている誕生石も、
もとをたどるとユダヤ人の優れた商才によって習慣化されたものなのです。

 

 

 

(参照文献『誕生石・ジュエリー事典』)

ith
Copyright © ith marriage. All Rights Reserved.