ithイズマリッジのコラム/ジュエリーの話:鑑定機関

Facebook インスタグラム SHOP
    • ith表参道
    • ith横浜元町
    • ith吉祥寺
    • ith柏 来店予約

"column"

ジュエリーの話

コラム

鑑定機関

中央宝石研究所

略称は、中宝研あるいはCGL。
昭和45年に設立以来、主にダイヤモンドのグレーディングを得意としています。
国内のダイヤモンド業者では一番よく使われ、中宝研の出すグレードを基準にダイヤモンドを見ています。
中宝研は日本国内のダイヤモンドグレーディングシェアNo1業界基準です。
東京本店、そして名古屋、大阪、福岡、甲府に支店があります。

全国宝石学協会

略称は、全宝協あるいはGAAJ。
昭和40年に創業以来、主に色石(カラーストーン)の鑑別業務を得意としています。
色石(カラーストーン)の鑑別には多くの大型検査機械が必要の為参入障壁が高く、
全宝京の鑑別レベルや設備機器の規模は国内トップクラスを長年維持しています。
天然・合成の区別、石に施された処理や色石変種判定、国内の宝石商は皆全宝京の出す結果を基準にしています。

東京本店、大阪、福岡に支店があります。

またイスラエル全宝協を関連会社としてもっています。

AGTジェムラボトリー

昭和46年に日本宝石鑑別協会として創立、昭和53年に日本宝石鑑別協会の子会社として分離。
昭和59年にアメリカのGIAと提携を結びました。現在はGUA JAPAN として教育活動、AGTとしてカラーダイヤの色判定を行っています。
カラーダイヤの微妙な色合いも見分け、国内業者に大変重用視されています。
また、厳格なダイヤモンドのグレーディングでも有名です。東京本店、大阪に研究所があります。

ith
Copyright © ith marriage. All Rights Reserved.