happy wedding

“ひなまつり”と”結婚”

先日、駅構内に綺麗に飾られた雛人形をみかけました。
まだまだ冷え込みが厳しい陽気ですが、雛人形をみると春の訪れを感じますね。

hina_sq_

2月も後半になり、もうすぐ3月。

三月といえば、ひなまつり。 
ひなまつりといえば、 雛人形を飾らないと結婚できない??ひなまつりがおわっても雛人形を飾っていると婚期が遅れる?? なんて話を聞いたことがある人も多いかと思います。

そもそも、ひなまつりって?

3月3日はひなまつり。
雛祭は、女の子がいる家で雛人形を飾り、無病息災を願う行事。 雛人形に菱餅、白酒、桃の花などをお供えするのが一般的ですね。

ひなまつりに結婚にまつわる話が多いのは、女の子の幸せを祈念しているからこそ なのかもしれませんね。

昔は、女の子が生まれた時に、母方の祖父母から贈られていたのだそうです。
雛人形は本来、一人の女の子に1セットというのが通常、嫁入り道具にも持って行き、嫁ぎ先の雛人形と並べて飾っていたのだとか。

結婚したら飾らないものかと思っていましたが、持ち主の厄除けとしての大切な人形なのですね。

結婚記念日にも選ばれているひなまつり

入籍日や結婚式の日程は、覚えやすい日を選ぶ人が多いようです。

3月3日のひなまつりもその一つ。

他には、語呂合わせやぞろ目なども人気があるようです。

 

2月14日(バレンタインデー)

3月9日(サンキューの日)

3月14日(ホワイトデー)

5月5日(こどもの日)

7月7日(七夕)

8月8日

10月10日

11月3日(文化の日)

11月11日

11月22日(いい夫婦の日)

12月24日(クリスマスイブ)

12月25日(クリスマス)

 

記念日がお休みだと、お祝いもしやすいですよね。
祝日が結婚記念日に選ばれる理由もここにありそうです。

 

みなさんは、どの日にちをブライダルデーに選びますか?

 

 

 

 

 

 


  TOP_28