ご相談、お見積り、ご見学は無料です。各アトリエの空席情報はWEBで確認できます。

お電話でのご予約の受付も承ります。まずはお気軽にご相談ください。
  

銀座のコラム 移ろう歴史を見守る老舗洋食店 銀座『煉瓦亭』で大切な人と食べたい一皿 | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith 銀座アトリエ

ブログ ブログ

移ろう歴史を見守る老舗洋食店 銀座『煉瓦亭』で大切な人と食べたい一皿

ちょっと疲れているときや元気が欲しいとき、お母さんのご飯が無性に食べたくなりますよね。実家から離れて暮らしている方
ならば余計にそう感じる瞬間があるかもしれません。そんなとき、どこか懐かしく心に染みる洋食はいかがでしょうか。
文明開化の時代から現代まで、愛され受け継がれてきた歴史の味を感じてみて下さい。

 

銀座の歴史を見てきた老舗洋食店

ガス灯通りの一角に、まるで映画に出てきそうなレトロなお店が姿を現します。こちらが1895年、明治28年に創業した銀座でも
有名な老舗洋食店『煉瓦亭』。美食家で知られた池波正太郎が愛した店のひとつでもあります。レトロな外観とカーテンで店内が
伺えない様子から、少し敷居が高く感じがちですが、開店前から並ぶ人がいるほどファンの多いお店です。
店内へ1歩足を踏み入れると、どこか懐かしくホッとする雰囲気が漂っています。地下から3階まで客席があり、洋食店では珍しく
座敷席があるのも老舗ならではといったところ。デジタルではない機械式のレジスターが現役で活躍する昔ながらの雰囲気です。

 

賄いから生まれた洋食の元祖

オムライスにエビフライ・ポークカツレツ・ハヤシライスなど、今では家庭や飲食店でも当たり前に食べられる洋食。それらの
ほとんどがこの煉瓦亭が発祥と言われているそうです。バターもお肉も馴染みの薄かった時代に、日本人の口に合うよう試行錯誤
して作られた洋食メニューは、当時と変わらぬ味のまま現代まで受け継がれています。
元はまかない飯から出来上がったというどこか懐かしいオムライスは、卵でご飯を包むのではなく、ご飯と卵が混ぜ合わさって
オムレツ状に焼かれたものです。ケチャップがまた味わい深く、オムライスの美味しさをより引き立たせています。

 

文豪も愛した未来へつなぐ歴史の味

ポークカツレツは誕生当時からレシピを変えていないという煉瓦亭の看板メニューのひとつ。池波正太郎が子どもの頃から食べ
著書にも記したこのメニューは、男性はもちろんのこと女性でも食べやすい厚さで、あっさりとしつつもジューシーなサクサク
とした食感を楽しむことが出来ます。煉瓦亭に訪れたらぜひ一度は食べたい一品です。また付け合わせによく見る千切りキャベツも
煉瓦亭発祥だとのこと。懐かしくも、あたたかさと歴史を感じるメニューの数々はシンプルだからこそ引き立つ美味しさが
あります。デートでの利用はもちろんですが、家族で訪れても楽しいお店としておすすめです。

 

【店舗情報】
●店名:煉瓦亭
●住所:東京都中央区銀座3-5-16
●電話番号:03-3561-7258
●URL:http://ginzarengatei.com/