ご相談、お見積り、ご見学は無料です。各アトリエの空席情報はWEBで確認できます。

お電話でのご予約の受付も承ります。まずはお気軽にご相談ください。
  

銀座のコラム 「銀座でぶらぶら」じゃない もう一つの銀ブラ体験を『カフェー パリウスタ』で | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith 銀座アトリエ

ブログ ブログ

「銀座でぶらぶら」じゃない もう一つの銀ブラ体験を『カフェー パリウスタ』で

少し古い言葉ですが「銀ぶら」ってご存知ですか?
「銀ぶら」とは字面通り、銀座をぶらぶらして楽しむこと。古くは大正時代から使われている俗語だそうです。
当時からお洒落の代名詞だった銀座をぶらつく「銀ぶら」は、誰もが憧れる最先端の遊びだったことが
多くの書籍や写真から伺えます。

 

歴史に名を刻む名店

東銀座から徒歩5分、中央通り沿いにある「カフェーパウリスタ」。
創業100年を超えるこのお店は、一般庶民に喫茶店文化を広げるきっかけとなったとも言われています。
ポルトガル語でカフェーはコーヒー、パウリスタはサンパウロっ子を意味します。
当時はちょうどブラジルへの移民政策が盛んだった頃で、その名前からもルーツが伺えますね。
そんな歴史のあるカフェが今でも気軽に楽しめるとは、「さすが銀座」と思わずにはいられません。

 

文化の発信源「銀ブラ」

パリのカフェを模した店構えは当時としてはまだまだ珍しく、
しかも手ごろな値段で本格的なコーヒーが楽しめることから大変な人気を博したそうです。
常連客には芥川龍之介をはじめ、与謝野晶子や谷崎潤一郎といった錚々たる文化人が名を連ねていました。
コーヒーを飲みながら意見を交わすという「サロン的な空間」に憧れて通う学生も多く、学生達の間でパウリスタに通うことを
「銀座でブラジルコーヒー」=「銀ブラ」と呼んだそうです。

 

大人の空間と香り高いコーヒーを楽しむ

創業当時の建物は失われてしまいましたが、現在の店内も老舗ならではの「ゆっくりと」コーヒーを楽しめる雰囲気は健在です。
コーヒーのメニューもこだわって選ばれたものばかり。もちろん淹れ方も丁寧なので、
豆の香りや苦みを存分に堪能することができます。
嬉しいことにコーヒー以外のフード・デザートメニューも充実しているので(しかも美味しい!)、
ちょっと小腹が減ったという時もおすすめです。

「銀ぶら」で疲れたら「銀ブラ」でホッと一息ついてみてはいかがでしょうか?
あのジョン・レノンとオノ・ヨーコも夫婦で三日三晩通ったといわれるくつろぎの空間で飲むコーヒーは、
体と心の疲れを癒してくれるに違いありません。
オンラインショップでは豆の販売も行っているので、プチギフトや引き出物にパウリスタのコーヒーを添えるもの素敵ですよ。

 

【店舗情報】
店名:カフェーパウリスタ
住所:東京都中央区銀座8-9 長崎センタービル1F
TEL: 03-3572-6160
営業時間:[月~土] 8:30~21:30 [日・祝] 11:30~20:00
※1F喫煙席 2F禁煙席 (土日は全面禁煙)
http://www.paulista.co.jp/