ご相談、お見積り、ご見学は無料です。各アトリエの空席情報はWEBで確認できます。

お電話でのご予約の受付も承ります。まずはお気軽にご相談ください。
  

銀座のコラム 花に囲まれたカフェでお色直しブーケを決めたい 『野の花 司』 | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith 銀座アトリエ

ブログ ブログ

花に囲まれたカフェでお色直しブーケを決めたい 『野の花 司』

こんにちは。汗ばむ陽気が続いています。
気づけば5月の終わり。来月はジューンブライドの季節がやってきますね。梅雨を吹き飛ばすぐらいの式を夢見て、結婚準備を進めてくださいね。

さて、今日の大和言葉は【しののめ】です。

 

【しののめ】
東の空が白みはじめる時間を「しののめ」といいます。古代の住居には、篠竹を編んだ明り取りがあり、そこから射し込む光を「篠の目」と呼んでいました。一方、明るみはじめた東の空にたなびく雲を「東雲」(しののめ)といいました。この二つがいつしか合わさって、夜明けの薄明かりの時間帯を指す言葉になったといいます。
(引用:『美しい大和言葉の言い回し』/知的生き方文庫)

 

お二人が結婚され、いつかお子様が生まれた時。
もし明け方にご誕生されたら・・・『しののめ時に我が子が誕生しました』とひと言添えて葉書を送ってみたらいかがでしょう。

 

季節の野の花を体中で感じられる小さな空間

 

野の花と聞いて思い浮かべるのは何ですか?
子どもの頃に野原で摘んだ花、母親が庭で採って部屋に飾った花…。

 

そんなお花を集めた素敵なお店が銀座にあるのです。
今日ご紹介するのは、銀座三丁目にある野草、茶花専門店『野の花 司』です。

 

店内は60種類以上の季節の草花が取り揃えられ、店頭には可愛らしい山野草の苗や草盆栽も。
和洋どちらの花瓶や花器に合いそうな小さな野花達。漆喰の壁を背に、そっと一輪飾るだけで絵になりそうなものばかり。

 

_omise

 

_omise2

 

そしてなんとこちらの2階では茶房&お食事スペースが。
質素に見えて自然の食材を活かしたお食事は、まさに自然からのごちそうそのもの。
甘味は、季節限定のものから人気の自家製ジンジャーエールまで色々取りそろえが。

 

 

■野山のごちそうAセット 1130円
(おにぎり+煮物+汁物+山菜の佃煮)
■野山のごちそうBセット 820円
(おにぎり+汁物+山菜の佃煮)
■野山のごちそうCセット 930円
(日本酒+山菜の佃煮)
■山菜のてんぷらご飯 1230円
(富山県名産干白エビの掻き揚げ+山菜のてんぷら+ご飯+汁物)

◆自家製ジンジャーエール 820円
◆抹茶アイスクリーム 770円
◆自家製黒豆抹茶みつ豆 1030円
◆季節限定そばがき汁粉 820円(11月~5月)

(引用:『茶房野の花おしながき』より抜粋)

 

 

_oshiagaki

 

どれもどこか懐かしいような、それでいて自然の恵みをたくさんいただいてるようなメニューですね。
お盆に添えられた一枝あるいは一輪の草花は、お持ち帰りが出来るのだとか。ご自宅でも野の花を思い出して癒やされてほしいという心遣いだそう。

ウェディングブーケやヘッドフラワーのご相談も。

実はこちらのお店では、ウェディングブーケやブートニア、ヘッドフラワー、花束、会場装飾、
お子様花束やウェルカムボートの飾りまでオーダーメイドしていただけてしまうのです!

豪勢なブーケとはどこかひと味違う、野の花独特の優しい感じの仕上がり。野草や実をアレンジした和のテイストもお手の物。
和ウェディングを目指している方にはぴったりかもしれません。

銀座周辺でブライダル巡りをした後は、ランチタイムにちょっと草花の空気を吸いに行きませんか?
そして甘い甘い黒豆を食べながら、季節の花々に囲まれて、お色直しブーケのイメージを語り合ってはいかがでしょうか。

※メニュー・サービス等は変更になっている場合があります。最新情報は、直接店舗でご確認ください。

【店舗情報】
『野の花 司/茶房野の花』
〒104-0061
東京都中央区銀座3-7-21
電話(03)3535-6929(野の花司)
(03)5250-9025(茶房野の花)
営業時間 10:00~19:00 日曜祝日11:00~18:00
定休日 無休

(参考:『美しい大和言葉の言い回し』 / 知的生き方文庫、『茶房野の花おしながき』 )