ご相談、お見積り、ご見学は無料です。各アトリエの空席情報はWEBで確認できます。

お電話でのご予約の受付も承ります。まずはお気軽にご相談ください。
  

銀座のコラム 結納や顔合わせに・・・八感を感じる店『銀座割烹 里仙 』 | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith 銀座アトリエ

ブログ ブログ

結納や顔合わせに・・・八感を感じる店『銀座割烹 里仙 』

こんにちは。皆さんはナイチンゲールをご存じですか?今日(5月12日)は彼女の誕生日、そして国際看護の日なのだそうです。
彼女を突き動かしたものはなんだったのでしょうか。ただただ人を救いたいという情熱?使命?
「偽善」などという言葉が何かと蔓延っている今、もう一度慈悲の心を我々も見つめ直したいものですね。

さて、今日の大和言葉は【お持たせ】です。

【お持たせ】
これは「お持たせもの」を略した言葉。お客様が持っていらしたお土産や贈り物を表す「持たせ」に、丁寧語の「お」をつけた言葉とされています。
(引用:『美しい大和言葉の言い回し』/知的生き方文庫)

 

お客様からいただいたものを「お粗末なものですが・・・」なんて言って差し出すのは厳禁ですが、「お持たせで恐縮ですが」とひと言添えて差し出すといいですね。せっかくいただいたものを一緒に食べることは決して悪いことではないのですから。

 

落ち着いた空間の中で四季折々のお料理を

さて今日は、銀座の中でも料理長自らが厳選した素材でおもてなしをしているという割烹料理店をご紹介。
日頃なかなかいけない割烹ではあるけれど、昼の会食ならお値段もリーズナブル。中でも鯛茶漬け(1500円)が1番人気なのだとか。

料理長自ら足を運び惚れ込んだのが、愛媛県宇和島の海。「水が美しく澄んだ緑色でね」。ここで揚がる鯛を好んで使う。ゴマペーストを出汁と薄口醤油でのばしたとろりと濃度があるタレ、引き締まった身の鯛、上質な鰹節でとった風味が強い出汁。それぞれが主張しつつ調和して一体化するのだそう。

(引用:『Hanako No.1107 銀座検定』/マガジンハウス)

 

朱色の盆の上で、鯛の切り身がつやつやと輝いているのを見るとそれだけでもう心が躍ってしまいそう。
ブライダルフェアで甘いものを試食していたなら尚更。この鯛茶漬けの出汁が五臓六腑に染み渡ってくれることでしょう。

 

結納も顔合わせも可能。会食コースプランも。

もちろん、こちらは個室も完備。
厳かな結納をきっちりと執り行いたいお二人には、結納儀式のサービルも充実。カメラマン、着付け、当日の司会進行から片木台、結納品飾り付けまで、と様々なものが手配可能となっています。

また会食コースプランも、五行会席7,500円(税別)、四徳会席5,000円(税別)、地仙コース10,000円(各税・サービス料別)の中から選ぶことが出来ます。

店内に飾られた掛け軸や、ガラス工芸、萩焼きなどは、人間のもつ【八感】を使ってお料理を愉しむ際に、ふさわしい空間であるようにと置かれたものだそう。美の本質心髄を味わっていただきたいという思いが伝わってきますね。

銀座の結納場所候補として、下見がてら足を運んでみてはいかがでしょうか。

※メニュー・サービス等は変更になっている場合があります。最新情報は、直接店舗でご確認ください。

 

【店舗情報】
『銀座割烹 里仙』
〒104-0061
東京都中央区銀座8-8-7
電話(03) 3569-1521
営業時間 11:30~ 15:00、18:00~22:00
定休日 無休

 

(参考:『美しい大和言葉の言い回し』 / 知的生き方文庫、『 Hanako No.1107 銀座検定』 / マガジンハウス)