2024.07.05 Ohmiya

「1年間ありがとう」の想いを込めて。1歳の愛娘に贈るベビーリング

こんにちは、つくり手の髙山です。
私はつくり手になってからベビーリングの存在を知りました。

 

密かに憧れていた小さな指輪。
娘の1歳のお誕生日に合わせて制作してもらいました。

 

今回はつくり手である私も、他のつくり手にデザインの相談から納品まで担当してもらい、いつもとは違う視点で指輪制作を体験することができたのも良い思い出です。

 

身に着けている結婚指輪から思いついたこだわりの形

 

悩みに悩んで選んだのは、《カラー》という元々は婚約指輪のデザイン

 

なぜカラーを選んだかというと、アームの部分が少し私たち夫婦が身につけている結婚指輪《モデラート》に似ているのです。

 

より近づけるためにアームを左右反転させたのも、小さなこだわりの一つです。

 

 

そして中石には、3月の誕生石アクアマリンを。

 

アームの地金を、結婚指輪で使用しているイエローゴールドとプラチナを私たち夫婦に見立て、2人で娘を抱きしめるようなデザインになったところが一番のお気に入りポイントです。

 

 

完成したとても小さなベビーリング。

お誕生日当日、娘に手渡すと口に入れそうになるか、投げるかで写真は一切撮れず…。

 

それでも、ベビーリングを見ると特別な1年間が鮮明に思い出せるような宝物ができました。

 

まだまだ先の楽しみなこと

 

実はもう少し娘が大きくなったらやりたいことがあります。

それは、ithの絵本を読んでベビーリングのこだわりを娘にお話すること

どんな顔で話を聞いてくれるか、今から楽しみです。

 

 

つくり手 髙山

Ohmiya Atelier

この投稿をシェアする

「1年間ありがとう」の想いを込めて。1歳の愛娘に贈るベビーリング