ご相談、お見積り、ご見学は無料です。各アトリエの空席情報はWEBで確認できます。

お電話でのご予約の受付も承ります。まずはお気軽にご相談ください。
結婚指輪婚約指輪店舗のご案内

結婚指輪・婚約指輪の用語集 | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith

用語集Glossary

結婚指輪・婚約指輪の用語集

象嵌(ぞうがん)

象嵌(ぞうがん)とは、ベースになる金属を彫って、その部分に別の金属を嵌め込む伝統的な工芸技法のひとつです。

 

象嵌技法は世界各地に伝えられており、数々の遺品から、紀元前の頃から試みられてきた技法だということが分かっています。
日本に伝わってきたのは飛鳥時代で、江戸時代には刀や鏡、重箱などの装飾に用いられてきました。

 

色違いのベースリングに、お互いの金属を交換して嵌め込む事で、指元に、いつでもお互いを感じる事の出来るデザインを生み出します。

 

象嵌技法のリング

伝統的な象嵌技法でお作りした結婚指輪(オーダーメイド/手作り)
http://www.ateliermarriage.com/column/ordermaid/3452/

用語集一覧に戻る

ithについて オーダーメイド アフターケア よくあるご質問 ダイヤモンド ストーリー