結婚指輪・婚約指輪の用語集 | 結婚指輪 婚約指輪のオーダーメイドブランドith

用語集Glossary

結婚指輪・婚約指輪の用語集

伏せ込み

一周ぐるりと地金で石を覆う留め方を伏せ込み(別名、覆輪留め)といいます。
一番シンプルな石の留め方で、仕上がりはつるっとしたものになります。

 

伏せ込みで連続して石を留めたい場合、石と石の間にある程度の間隔が必要となります。
爪留めに比べて引っかかりが少なくシンプルなラインを表現することが出来るので、石がデザインに溶け込んだようにもなります。

 

また、石も外れにくいので使用頻度の高いジュエリーにはお勧め。
大きめのサイズの石に用いられる事が多い留めですが、メレサイズの小さな石でも留める事が出来ます。

 

様々なカットの石にも対応でき、石にかかる部分を少なくしつつ地金の幅をとると全体的に大きく見せることが出来ます。
デザイン的にはシンプル、カジュアル、クールといった多様な雰囲気を出しやすい留めです。

用語集一覧に戻る

ithについて オーダーメイド アフターケア よくあるご質問 ダイヤモンド ストーリー