2022.01.05 #71

愛娘に贈る言葉と
ご家族の宝石が輝く、
ベビーリングと結婚指輪

POINT

  • 名前の由来と、両親の愛情をデザインに込めて
  • 家族を象徴する宝石・ラピスラズリ
  • 母から娘へ、受け継がれる言葉とジュエリー

▽ 2年ぶりの、大切な指輪制作

お二人が最初に表参道アトリエへいらしたのは、2019年の秋でした。奥様はご婚約の何年も前からithファンでいてくださったそうで、婚約指輪と結婚指輪の制作をお任せいただきました。

そして2021年、待望のお子様に恵まれたお二人が再びアトリエを訪ねてくださいました。

新しく制作したのは、1号サイズの小さなベビーリング。
お二人が愛娘への想いを指輪に込めたご紹介いたします。

 

▽ 婚約指輪と結婚指輪

 

2019年、最初にご夫婦が選ばれたのは婚約指輪の《イルソーレ》

ご結婚が決まる何年も前から、奥様はInstagramで見たひまわりのような《ジラソーレ》のデザインを気に入りだったと教えてくださいました。

一方、ご主人様も結婚するときには、1.0カラットのダイヤモンドを贈りたいと心に決めていらしたとのこと。ダイヤモンドが大ぶりなことから、《ジラソーレ》によく似ていて、さらにゴージャスな《イルソーレ》を。

すんなりとお二人の気持ちが重なり、婚約指輪のデザインが決まりました。

 

 

“憧れていた婚約指輪だからこそ、
なるべく普段も身に着けていたい”

奥様からのご要望から、結婚指輪は重ね着けの相性のよさを大切に選ぶことに。婚約指輪を明るく華やかに引き立てる、キラキラ輝く“スターダスト”の質感を施して結婚指輪を仕上げることが決まりました。

デザイン選びの途中、“スターダスト加工は、ithを始めた頃からずっとあるものなんですよ” とお伝えすると、ますますシンパシーを感じてくださいましたね。ithに愛着を感じてくださっているご様子が、とても嬉しかったです。


そしてご主人様は、スーツ姿が引き締まるシンプルな《クアトロ》を選ばれました。お揃いのデザインではありませんが、エッジに丸みのないスッキリしたシルエットで、お二人の指輪に統一感を持たせています。

 

▽ ベビーリングを作るきっかけ

時を経て、2021年にベビーリング&ネックレスの《バンビーノ》を発表すると、ご出産を控えたお二人が久々に問い合わせをくださいました。お幸せそうなお二人との再会に加え、私自身も妊娠中という偶然のシンクロまで。ご縁の深さを、改めて感じましたね。

 

 

詳しくお話を進めるうちに、お二人の思いの深さをかたちにするために、《バンビーノ》ではなく特注デザインでベビーリングを作ろうという流れになりました。

 

▽ 他にはない、お嬢様のためのデザイン

お嬢様のお名前は“杏”ちゃん、赤毛のアンが由来だそうです

ご両親であるお二人は作品のファンで、大切なお名前とともにお気に入りのフレーズを贈ろうと考えておいででした。

 - God’s in his heaven,
all’s right with the world. 

 

 

せっかくなので、この一節を指輪のデザインに。指輪の側面に彫り入れました。

ベビーリングを指に通せるのは、赤ちゃん時代のほんの短い期間です。なので、最初からネックレスとして身に着けることを想定して、側面に彫ることで目に触れやすくなるようレイアウトしています。

 

▽ “ファミリーストーン” のラピスラズリ

もうひとつのこだわりは、ラピスラズリです。

お付き合いしていた頃、初めてご主人様がプレゼントしたアクセサリーがラピスラズリだったと伺い、ご家族をつなぐ宝石・ファミリーストーンとしてベビーリングにもあしらうことになりました。

 

 

ご夫婦の結婚指輪にも、新しくラピスラズリを留めることに。それほど小さなサイズのラビスラズリは扱いがなく、工房で小さく研磨して仕上げました。

お嬢様のベビーリングの側面にもお留めして、指輪はまるでご家族の証ですね。

 

▽ 親から子へ、時代を超えて受け継げるもの

初めはご出産記念に作り始めたベビーリングでしたが、作る過程でこの指輪は、ご両親の愛情をお嬢様に伝える大切なものへと変貌していったように思います。奥様がネックレスとして身に着けてくださるお姿を拝見していただき、ますます感慨深いです。

 

 

“その人の生涯、もしかするとさらに次の世代まで引き継がれるものは、言葉とジュエリーくらいかもしれない” と、ご主人様よりメッセージをいただきました。

ご両親の愛情が宿る言葉が刻まれた指輪は、ずっと先の未来までお嬢様の心を温め続けることでしょう。

 

 

お嬢様が15歳になるお誕生日に、ネックレスとして指輪を贈るご予定だと伺いました。おませな中学生、想像しただけでワクワクしますね!

15年間、奥様が身に着け続けたネックレスを磨き直すそのときが、今からとても楽しみです。

 

 

この投稿をシェアする

愛娘に贈る言葉とご家族の宝石が輝く、ベビーリングと結婚指輪